小西製薬株式会社

花扇通信

月刊 花扇生薬  第218号

                                   2020年11月                                                            

                   編集・発行人:小西製薬株式会社学術担当

<薬事>

国内医薬品市場、20年7~9月期は5.1%減 新型コロナウィルスで3年ぶりの落ち込み

 IQVIAは11月17日、2020年7~9月期の国内医療用医薬品市場が前年同期比5.1%減の2兆5346億4400円万と発表。四半期ベースで5%を超える減少となったのは17年1~3月期以来。4月の薬価改定と新型コロナウィルス感染症が影響。新型コロナウィルスの感染拡大で緊急事態宣言が出た今年4月以降、国内の医療用医薬品市場は前年を下回っている。

今年4~6月期は-2.5% 4~9月累計では-3.8%となり、金額では前年より2000億円減少、市場の内訳を見てみると、病院(病床100以上)1兆1627億2500万円(前年同期比4.8%減)、開業医(100床未満)5020億9800万円(6.0%減)、薬局その他8698億2100万円(5.0%減)3市場で前年同期を下回るのは2期連続

(Answers News 20.11.17)



総責選任要件に例外規定 薬学・化学の修了者など 厚生省

 厚生労働省は、来年8月1日に施行される改正医薬品医療機器等法の一部改正に関する省令案を公表。薬剤師以外の技術者を総括製造販売責任者に置くことが可能な基準として、薬学または化学に関する専門課程を修了者などを規定。その場合は補佐役として、薬剤師を置くことや、総責に薬剤師を置くための必要な措置を講ずるよう求める。今後、意見募集を行い、来年1月下旬に公布予定。改正薬機法では、法令遵守のため体制整備の義務化に加え、薬事業務に責任を持つ専任役員を法律上に位置づけると共に、総責の責務も明確化。

総責の選任要件については薬剤師に限定されていたが、今回の薬機法改定で、総責として責務を果たせる薬剤師が確保できない場合に限り、薬剤師以外の物を選任できる例外規定を措置(薬事日報20.11.11)



薬用作物に活路の薬膳教室スタート 高瀬茶業組合(三豊市・香川県)

 高瀬茶を生産販売する高瀬茶業組合が、体調にあわせ食材や生薬を組み合わせる薬膳教室を今月から開講。高齢化や後継者不足に悩む業界活性化を目指し、薬用作物を新産業の柱に育成する試み。国際薬膳師・山下れい子さんから、体を「温める」「冷やす」「どちらでもない」といった食物の性質や作用について薬膳の基礎知識を学ぶ。

参加者は生薬に触れ、香りなどを確認した。「体調にあわせレシピを組めることが最終段階」と山下さん。

薬膳教室は、茶も生薬も一つとしている。産直市にはヨモギも並び、薬用作物の生産が増加している。(朝日新聞20.10.17)



コロナで膀胱炎が増加  ウロケアクリニック院長・佐藤亜耶

 コロナ感染回避のため通院を躊躇、受診しない人が増え、膀胱炎になる人が増加。新型コロナウィルス感染により ‛免疫力’ という言葉を聞くが、膀胱炎も免疫力低下が大きな原因。

種々の不安から気持ちが沈みがちになり、運動量も少なくなり、免疫力が低下。

膀胱は精神面と繋がっている臓器で、コロナが心配で通院したくない人に多く発症する。

膀胱炎治療薬の市販薬は、五淋散や賢仙散などがあり、膀胱粘膜の炎症を抑え症状を抑制する(ミモレ[発行部数約35万部の講談社webマガジン]20.10.22)



漢方薬品質保証支援・栽培から服薬までを追跡可能  中国AIプラットフォーム

 中医学治療の漢方薬は、中医的治療をめぐる問題で「中国は薬に破壊される」と言われる。品質を一定に保つのが困難で、流通プロセスにおける品質偽装や着色・増量加工などの無秩序な状況が絶えず発生。

2017年の国家薬品管理局発表では、46種類の煎じ薬用漢方が規定違反で、違反率は65.98%

患者は煎出や調剤プロセスを見られず、処方箋の有効性を確認する方法も不足し、実際の調剤・生産現場では処方通りの処理がされないことがある。

小規模薬局分散化や、薬剤師不足など、薬局経営のコスト高や薬剤師資格の名義貸しなどの問題が起きている。このため、薬良心は、lotビッグデータや、AIにより開発された注意薬追跡プラットフォームを提供。煎じ薬の管理システムは、ユーザーは病院もしくは薬良心が提携するオンラインプラットフォーム間で共有、消費やが注文し、手元に届くまで1カ所で全部終了させる管理運営される。サービスは一元的で、法令遵守がなされ、追跡可能なもの。

AIによる処方内容の審査、人による再審査、処方評価、薬品供給チェーン管理、漢方薬煎出、自宅への配送までを処理する。(36Krジャパン[中国情報メディア]20.10.24)



更年期のドライマウスに悩む女性に適した漢方薬  薬剤師・清水みゆき

 漢方薬は、西洋薬よりも副作用が少ないと言われ、症状の緩和、苦痛を和らげるための対処療法でなく、体質改善に働きかけ根本的な解決を目指す。更年期のドライマウスに悩む女性に適した漢方薬が紹介された。口や喉の乾燥とともに、熱感やほてりもある場合、白虎加人参湯は体内にこもった余分な熱を冷ましながら、津液を補う事でドライマウスを改善。

胃腸や呼吸器が弱く、喉の乾燥も気になる場合、麦門冬湯は体に必要な潤いを補いながら、胃腸の状態を整え、津液の生成を促す事でドライマウスを改善。漢方薬の選択は自分の体に合ったものを選ぶ事が大切で、体質に不適合の場合は、効果がないだけでなく、副作用が発症する事もある。

ドライマウスを放置すると、更に悪化したり、歯周病や味覚障害にもつながります。

(サライ 20.10.26)



民衆救った漢方薬の原点  第72回正倉院展

 今年の正倉院展では、即物や鉱物などを原料にした薬8種類が展示。

ダイオウは便秘改善や鎮静などの効能、高さ2Mのタデ科植物根茎から作る。外皮を取り除いて乾燥させ、10cm程度に小分けして天日干しする。米田該典・大阪大教授は、副作用がなく薬効は現在の漢方薬とほぼ同じで、今に通じると指摘。ゴシキリュウシは、象の歯の化石で使用された記録はないが、鎮静作用がある。真柳誠・茨城大名誉教授化石に薬の成分を吸着する特性があり、別の薬と配合して効き目を発揮したと推測。

帳外薬物のオオウは殺菌や、殺虫、解毒目的で用いられた。主成分は毒性の強い硫化ヒ素。赤みがかったオレンジ色の卵形(最大直径約4cm)で重さは約150g。ケイカンセキという鉱物を溶かし、鋳型に流し加工。ヒ素や水銀化合物は不老不死の薬とされ、服用した皇帝らが早世したと伝えられた。船山信次・日本薬科大特任教授は、朽ちる草木と違い、鉱物は不変で、当時は服用して永遠の命が宿る考えと指摘。正倉院の薬は、日本での薬の始まりで、ダイオウ原料は中国西北部(甘粛省、青海省、チベット自治区周辺)で採れ、シルクロードを通じ欧州に伝播。オオウなど産地が不明な薬もあるが、オンジは中国・内蒙古自治区や山西省、湖北省など広範囲で採れた可能性があり、シコウはインドが原産とあり、スオウは中国南部や東南アジアが由来とみられる(読売新聞 20.10.13 、 毎日新聞20.10.26)



更年期不調に漢方薬  つくばセントラル病院産婦人科部長・岡林麻子

 更年期は閉経前後5年で40代半ば~50代半ばです。

更年期には更年期特有の諸症状(更年期症状)が発症。自律神経系・内分泌系・免疫系のバランスが崩れる更年期症状は、女性ホルモンの急激な減少が原因。

更年期障害は、更年期症状が日常生活に支障をきたす状態。代表的症状はホットフラッシュというのぼせや発汗、動機、冷え、不眠の症状。

漢方医学にて更年期症状は瘀血、気逆、腎虚によって起こるとされる。瘀血では、不眠や精神的な不安定、のぼせ、肩こり、筋肉痛などの症状が現れる。気逆では、冷え性やのぼせ、発作的な動悸、頭痛、胸痛、腹痛、嘔吐、イライラ感、下肢や四肢の冷え、手のひらや足の裏の発汗などです。腎虚では脱毛や、皮膚の乾燥、頻尿などの排尿障害、下肢の冷えなどが起こりやすくなる。上記以外の症状としては、めまい、腰痛、関節痛など。治療ではこうした多様な更年期症状の種類や強さを、漢方医学と西洋医学のいいとこどりで対応。更年期症状の治療や緩和には、まず症状を引き起こす原因の内分泌・自律神経・免疫のバランスを音の得ることが必要で、この点は漢方医学の得意分野で漢方医学のほうが西洋医学よりも利点が大。

理由は、漢方薬は2つ以上の生薬の組み合わせて処方され、1剤で種々の症状に対応が可能。

加味逍遙散、桂枝茯苓丸、温経湯の3つは、更年期症状の治療に、特に効果的な漢方薬。

単独使用はもとより、西洋薬との併用でも効果発揮。

加味逍遙散は体力が中程度の人の更年期症状緩和のほか、月経異常治療にも使われ、のぼせ、頭痛、めまい、肩こり、発汗異常、手足のだるさ、精神不安、便秘傾向といった心身不調に効果あり。桂枝茯苓丸は赤ら顔で体力が低下していない人に用いる。瘀血を改善する桂枝茯苓丸は顔や頭はのぼせて汗をかくけれども足は冷えて、下腹部に張りがある人に効果的。また頭痛、肩こり、めまいなどの緩和にも効果発揮。温経湯は、手足はほてるけれどお腹に冷えがあり、されに唇が乾燥している人で、虚弱体質の人に有効。温経湯は血が不足した血虚を改善する薬で、全身の血液循環を整えほてりや冷えを改善、皮膚の乾燥の改善にも効果が期待される。また温経湯には止血ならびに滋潤作用のある阿膠を含有、不正出血に有効。

このように得意なアプローチが異なる西洋医学治療も漢方医学治療も受けられるのが日本医療の長所である。漢方薬は必要な西洋医学治療を行うための準備をするという用途がある。

(QLife 漢方 20.10.21)



強い粘り気「一志じねんじょ」初出荷を前に目揃え会  三重県・津市

 特産品「一志じねんじょ」の初出荷を前に今年のできを確認する目揃え会が開催。

特徴は強い粘り気で、贈答品として人気がある。津市一志町では薬20軒のン猛火が自然薯を栽培、今が収穫のシーズン。11月6日町内集荷場には多数の自然薯がはこびこまれ、形や大きさなどの出来を農家の人たちが確認。自然薯はカルシウムや鉄分、ビタミンなどが豊富。古来から体に良い食材とされ、漢方薬としても使われ、17日から出荷開始。

(三重テレビ20.11.7)


森の世代交代❝倒木更新❞  富士山フォレストトレック・永田雅一

 富士山ふれあいの森の木は、約40種類、草花を入れると数百種類になる。「この木はブナの巨木だったが、寿命を迎えて倒れてしまった。そこに苔が生えて、だんだん朽ちてきて、そこにモミの種が落ちてきて、モミの子供が育っている。

 これが、寿命や強風、伐採などにより倒れた古木を土台に、新世代の木が育つ❝倒木更新❞と永田さんは語る。この木は皮をむくと、裏が黄色いので「黄膚」という名が付き、胃腸薬などの生薬原料となる。溶岩に覆われた富士山とは違う、新たな富士山の姿を見ることが出来る。

(テレビ静岡 20.10.9)


コロナ第三波に備える漢方薬リスト/感染予防と重症化予防の切り札に ジャーナリスト・森省歩

 冬本番を控え急増も懸念される新型コロナウィルス感染症をどう克服すればいいのか、漢方薬が持つ可能性を詳述。第1は感染予防のための漢方薬局の活用。症状も基礎疾患もない人が予防のために漢方薬を服用する場合、漢方薬局を積極的に活用するのが安全かつ便利な方法。

第2は漢方医などの診察を受ける。発熱、咳、痰、嗅覚・味覚障害などの疑わしい症状がある場合、あるいは肺疾患、心疾患、高血圧、糖尿病の基礎疾患がある場合には、漢方医に診察を受けることが必須。体質、病気に対する反応などを含めた患者を診察、独自に調達した生薬を処方する修琴堂大阪医院院長・渡辺賢治医師は同疾患に同漢方薬を処方しても、効き目が変わると指摘。第3は、金沢大学付属病院漢方医学科臨床教授・小川恵子医師は、新型コロナウィルス感染症の場合、軽症でも回復後に倦怠感、咳、呼吸困難、不眠、不安感など、多彩な症状を訴える。回復後に呼吸困難を訴える場合には、罹患後の慢性炎症に対する処方、この点に保険適用分で148処方が可能な漢方薬の強みがあるとも言える。第4は漢方薬の有効性を裏付けるエビデンスの構築である。日本東洋医学会の指導下で、3つの臨床研究が開始。漢方薬にいかなる治療効果があるのか、あるいはどの漢方薬とどの西洋薬を組み合わせが有効かを解明する。日本東洋医学会では軽症、中等症の患者を中心に1000症例を集積する予定。

(文春オンライン(文藝春秋12月号))


<商況>

国内商況:生薬の国内栽培が推進されているが、輸入物が大半なのが現状である。今年は特に台風等の影響ではなく、需要も停滞気味だけに供給面で大きな問題はない。先月と同様にゴオウが高止まりで、ほかには良品が少なめで、やや高い漢字の品目もあるが、ほとんど変化は見られない。(薬事日報20.10.30)


海外商況:中国では、天候は平穏かつ安定しており、収穫期に入り増産。ゴシュユは約10分の1まで、ゴミシは半分まで、バンランコン、リュウタンも価格低下。

人参は州拡大であるが、買い入らず在庫豊富で価格は変動なし。ショウキョウは生産量低下、生は中国内食品市場に供給され、生薬は価格上昇。オウバクは、コロナ禍で北朝鮮からの輸入なく価格上昇継続。ショウマ、イレイセンは、自生品乱獲で品薄、価格上昇気配。

(輸入商者提供)


<安全性>

次のいずれも、漢方・生薬にかかわる情報なし

・回収情報  厚生労働省  2020.11.18

・DSU(Drug Safety Update) No233  厚生労働省  2020.11.30

・安全性全情報 No377  厚生労働省  2020.11.6

・使用上の注意改訂  厚生労働省  2020.11.6